スキンケアと本とオイルについて

気温が下がってくる季節は、乾燥しやすい肌にはツライ季節の到来でもあります。バスタイムの後のお肌などは、もはやカサカサかもしれません。そんな時には、美容オイルを使用したスキンケアをしてみるのが良いでしょう。
最近では本などでも、オイルに関しての健康効果とともに、美容効果は注目されています。
オイルの優秀さについては、医療の世界のエキスパートでもあるドクターも、本で述べているくらい優れたものです。
ネットの情報は誰がどういった経緯で流しているのか、その情報は本当なのか、信憑性に欠けるところもあります。
ですが本の場合だと、著者名が入りますし、書いた人のプロフィールも掲載されるので、内容の信頼性は高くなります。
そういった書籍でも、油分の美容効果は高く評価されています。
油分と言っても、良いものと使用は控えたいものがあるので、そのあたりも書籍などからの知識を得るのが、最も正確なところでしょう。
ココナッツや椿油などもよいでしょう。
スキンケアは化粧水とミルクで完了という女子も、乾燥しやすいシーズンは美容オイルを取り入れてみると感動ものです。
特にパックに使うのは効果的で、洗顔をしたら最初に使います。
指の腹を使い、内側から外側へと、丁寧にマッサージをします。
全体に油分がなじんだら、タオルをお湯でぬらして絞り、肌の上へのせて3分くらいおきます。温かさで毛穴が開いて、肌はほぐれることになります。
皮膚の上に残った油分は拭き取り、そのあとはいつものスキンケアをします。
このお手入れを入れるだけで、いつもよりも化粧水や乳液の浸透は、驚くほどよくなります。乾燥しやすい冬の季節であっても、浸透が良くなる一手間で、肌はプルプルな状態を維持しやすくなります。